BookLiveの神社の由来がわかる小事典無料サンプル&試し読み


現在わが国の神社総数は十一万余。そのうち、神社本庁管轄の宗教法人は約八万を数える。しかし、神社には二つとして同じものはない。「お稲荷様」「八幡様」「天神様」の名で親しまれる各神社も、祭神は同じだが、由来、祭り、建築物などはそれぞれ異なっている。日本人にとって八百万の神々とは何か。神社はいかに生活に溶け込んだのか──。本書では、その起源、御利益、社格の違いなどをわかりやすく解説する。なぜ「神社」を「杜(もり)」と呼ぶのか。「万葉集」では、神社の二文字を「もり」と読んでいるという。あるいは、「神宮」「神社」「大社」の違いを知っているだろうか。本来、「神宮」といえば皇祖神天照大神を祀る伊勢神宮だけを指す。そして「大社」とは、代表格の神を祀る神社のことである。さらに、「注連縄(しめなわ)」「堅魚木(かつおぎ)」「狛犬(こまいぬ)」とは何か。なぜお祭りで御神輿をかつぐのか……。神道学の碩学が、太古より伝わる神の道を解き明かす。



神社の由来がわかる小事典無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


神社の由来がわかる小事典詳細はコチラから



神社の由来がわかる小事典


>>>神社の由来がわかる小事典のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



ユーザーの数が鰻登りで伸びているのが話題となっているコミックサイトです。ちょっと前までは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が主流でしたが、電子書籍の形態で買って楽しむという人が増えつつあります。
「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の人もそこそこいるようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を閲覧してみれば、持ち運びの楽さや購入の簡単さから何度も購入する人がほとんどだと聞きます。
きちんと比較をした後に、自分にあったコミックサイトを決める人が多いと聞いています。ネット上で漫画を堪能してみたいのなら、あまたあるサイトの中より自分の希望を叶えてくれるサイトを選定することが重要なのです。
スマホを操作して電子書籍をダウンロードすれば、職場までの移動中や午後の休憩時間など、場所に縛られることなく楽しむことが可能だということです。立ち読みもできるようになっていますから、本屋に立ち寄るなんて必要はないのです。
電子書籍のニードは、ここ1~2年特に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そういう状況の中で、特にユーザーが増えつつあるのが読み放題というサービスだとのことです。支払い金額を心配せずに済むというのが一番のポイントです。




神社の由来がわかる小事典の商品情報

                    
作者名 神社の由来がわかる小事典
神社の由来がわかる小事典ジャンル 本・雑誌・コミック
神社の由来がわかる小事典詳細 神社の由来がわかる小事典(コチラクリック)
神社の由来がわかる小事典価格(税込) 730
獲得Tポイント 神社の由来がわかる小事典(コチラクリック)


このページの先頭へ