BookLiveの電子出版の未来図無料サンプル&試し読み


2010年は「電子出版元年」といわれた。出版業界は右往左往したが、まだ先行きが見通せないでいる。市場規模2兆円に届かないほどの業界かもしれないが、ライターやカメラマンから組版会社、印刷会社、取次、書店と従事する人の職種は幅広い。では、電子書籍リーダーで紙の本はなくなるのか。出版社や編集者はもういらないのか。2011年はどの方向に進んでいくのか。そんな疑問に答えるのが、米国在住の若きIT起業家。著者は、日本に先駆けて米国で起業し、いち早く電子出版を始め、自らの体験的電子出版論で日本の未来図を描き出す。詳しくは本文に譲るとして、その将来像を「ソーシャル・メディア」というキーワードで説明する。タイトルを「電子書籍」ではなく「電子出版」としたのは、ビジネス(出版業)に重きを置いたから。出版業界はもちろんのこと、IT業界、クリエイターたちに読んでもらいたい1冊である。



電子出版の未来図無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


電子出版の未来図詳細はコチラから



電子出版の未来図


>>>電子出版の未来図のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「どこから書籍を買い求めるのか?」というのは、思っている以上に重要なことなのです。購入費用とかサービスの中身などに違いがあるわけなので、電子書籍につきましては比較して決めないといけないのです。
バッグの類を持ち歩くことを嫌う男の人にとりましては、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのは物凄いことなのです。荷物の量は増えないのに、ポケットに保管して本を携帯できるわけなのです。
電子書籍も一般書籍と同じで情報自体が商品となるので、自分に合わなくても返すことはできません。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画に目を通すようにした方が良いと思います。
電子書籍業界では斬新な「読み放題」というサービスが登場し人気沸騰中です。1冊毎にいくらというのではなく、1ヶ月いくらという徴収方法を採用しています。
スマホがたった1台あれば、どこでもコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトのセールスポイントです。単冊で買うスタイルのサイトや月極め料金のサイトなどいろいろ存在します。




電子出版の未来図の商品情報

                    
作者名 電子出版の未来図
電子出版の未来図ジャンル 本・雑誌・コミック
電子出版の未来図詳細 電子出版の未来図(コチラクリック)
電子出版の未来図価格(税込) 650
獲得Tポイント 電子出版の未来図(コチラクリック)


このページの先頭へ