BookLiveの頭をよくする「使える100冊」無料サンプル&試し読み


『週刊エコノミスト』で、2001年から「和田秀樹の頭を良くする本」という連載を始めたのだが、私は「頭をよくする」=「結果的に頭がよくなる」という広い意味で考えた。たとえば、健康に関する本を読むことで多少なりとも健康に悪いことをやめ、体の状態が回復すれば、そのおかげで勉強や仕事もはかどるだろうし、よけいな気遣いも減るので、仕事や勉強に専念しやすくなる。すると、結果的に頭がよくなる。子供の教育がうまくいくかどうかが仕事に影響するということも、近年では珍しくない。それが解決することも、頭がよくなることにつながる。最近のEQ(感情の知能)の考え方だと、人間関係をよくすることも、広い意味で頭をよくすることになる。(「まえがき」より)



頭をよくする「使える100冊」無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


頭をよくする「使える100冊」詳細はコチラから



頭をよくする「使える100冊」


>>>頭をよくする「使える100冊」のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



本を買い集めると、将来的にストックできなくなるということが起きてしまいます。しかしながらDL形式のBookLive頭をよくする「使える100冊」であれば、しまう場所に困ることは一切ないので、気軽に楽しむことが可能なのです。
1巻ずつ本屋に立ち寄って買うのは面倒臭いです。だとしても、一気に買うというのは内容が大したことなかった時の精神的なダメージが甚だしいです。BookLive頭をよくする「使える100冊」は1冊ずつ買い求められるので、その点心配無用だと言えます。
漫画と言えば、「若者向けに作られたもの」だと考えているかもしれません。だけれど近頃のBookLive頭をよくする「使える100冊」には、アラサー・アラフォーの方が「思い出深い」と口にされるような作品も多くあります。
電子書籍のニーズは、ここ1~2年特に高まりを見せています。そうした状況において、利用者がどんどん増えているのが読み放題というサービスだと聞いています。支払い代金を気にしなくても大丈夫なのが人気の理由です。
BookLive頭をよくする「使える100冊」が大人世代に人気があるのは、若かりし日に幾度となく読んだ漫画を、また手間もなく味わえるからだと言っていいでしょう。




頭をよくする「使える100冊」の商品情報

                    
作者名 頭をよくする「使える100冊」
頭をよくする「使える100冊」ジャンル 本・雑誌・コミック
頭をよくする「使える100冊」詳細 頭をよくする「使える100冊」(コチラクリック)
頭をよくする「使える100冊」価格(税込) 800
獲得Tポイント 頭をよくする「使える100冊」(コチラクリック)


このページの先頭へ