BookLiveの文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」無料サンプル&試し読み


かつては、どの(総合)大学にもあった「文学部」の存在が薄れつつある。いっぽう、文学部の内・周辺・隣接には、次々と新学部・新学科が誕生している。「総合人間学」「国際教養情報学」「文化構想学」「コミュニケーション学」「人間学」など、耳慣れない名称の学部・学科がふえている。「文学部」では、学生が集まらないのか? 文学部卒業は就職に不利なのか? 大学はどのように受験生を集めるのか? 学生・父兄は、大学に何を求めているのか? そもそも大学の役割とは? さまざまなアプローチから、「文系」大学の現状と未来を伝える。



文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」詳細はコチラから



文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」


>>>文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



最近、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが登場し注目を浴びています。1冊単位でいくらではなくて、ひと月いくらという徴収方法なのです。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる人も少なからずいますが、1回でもスマホで電子書籍を読んだら、その気楽さや決済のしやすさから愛用者になる人が少なくないようです。
子供だけではなく大人も無料アニメ動画を見ているようです。急にアポキャンを喰らってできた時間とか通勤時間などに、容易にスマホで視聴できるというのは、非常に便利だと言えます。
ミニマリストというスタンスが世間一般に浸透してきたと言える今現在、本も実物として所持することなく、BookLive文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」経由で楽しむ人が増加傾向にあります。
わざわざ無料漫画を閲覧できるようにすることで、利用者数を増やし利益に結び付けるのが事業者サイドの狙いということになりますが、当然ですが、利用者側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。




文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」の商品情報

                    
作者名 文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」
文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」ジャンル 本・雑誌・コミック
文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」詳細 文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(コチラクリック)
文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」価格(税込) 648
獲得Tポイント 文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(コチラクリック)


このページの先頭へ