BookLiveの言ってはいけない日本語無料サンプル&試し読み


世の中は、「間違い言葉」で満ちている。たとえば、「ここで弔電を披露させていただきます」というセリフ。聞き覚えのある言葉だが、「披露」には「おひろめ」の意味があり、おめでたい席にこそふさわしい。これでは、故人も草葉の陰で肩をガックリ落としてしまうだろう。また、本書のサブ・タイトルにもある「あとで後悔しない」というフレーズ。こちらもよく使われがちだが、実は日本語としておかしい。「後悔」はそもそも「あと」でするもので、二重表現となってしまっているからだ。本書は、勘違いされがちな慣用表現をはじめ、敬語や慶弔語の非常識、さらに漢字の誤読まで、「そんな言い方をしていては失笑を買う」という事例を数多く紹介。クイズ形式で楽しみながら、普段何気なく使っている言葉の「なるほど!」が実感できる。巻末には知識の整理に役立つ「間違い言葉早見表」を収録。恥をかく前に、ぜひ読んでおきたい一冊。



言ってはいけない日本語無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


言ってはいけない日本語詳細はコチラから



言ってはいけない日本語


>>>言ってはいけない日本語のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



アニメの世界に入り込むというのは、日々のストレス発散に半端なく効果があります。深淵なメッセージ性を持った内容よりも、無邪気で明るい雰囲気の無料アニメ動画などの方が高い効果を得ることができます。
電子書籍も普通の本と同じで情報そのものが商品なので、つまらないと感じても返品はできないのです。だからこそ、ストーリーをチェックするためにも、無料漫画を読むことをおすすめします。
無料漫画というのは、店舗での立ち読みみたいなものだと考えていただければわかりやすいです。本の内容を大まかに把握してから購入することができるので、利用者も安心です。
店頭販売では、置く場所の問題で売り場に並べられる数が制限されてしまいますが、BookLive言ってはいけない日本語の場合はそのような制限をする必要がなく、アングラなタイトルも扱えるのです。
BookLive言ってはいけない日本語から漫画を買えば、部屋の一角に本棚を置く必要はゼロになります。最新刊が発売になっても書店に足を運ぶ手間を省くこともできます。このような利点のために、ユーザー数が増えているようです。




言ってはいけない日本語の商品情報

                    
作者名 言ってはいけない日本語
言ってはいけない日本語ジャンル 本・雑誌・コミック
言ってはいけない日本語詳細 言ってはいけない日本語(コチラクリック)
言ってはいけない日本語価格(税込) 500
獲得Tポイント 言ってはいけない日本語(コチラクリック)


このページの先頭へ